藤田嗣治(ふじた つぐはる)

古美術廣田では藤田嗣治の作品を買取しております。
もし 藤田嗣治の作品をお持ちでしたら、ぜひご相談下さい。

藤田嗣治の作品

藤田嗣治について

藤田嗣治は東京生まれの洋画家です。現在でいう新宿区(東京市牛込区)に4人兄弟の末っ子として生まれました。子供のころから絵をかき始め、明治38年には東京美術大学の西洋画科に入学。だが、藤田の作風は評価されず文展などではすべて落選。そのあと渡仏し、乳白色の下地・線描する独自の作風で、パリ画壇の注目を集めることとなった。1955年フランスに帰化し、カトリックの洗礼を受けレオナルド=フジタを名乗って活躍。のちにレジオン・ドヌール勲章受章やランスの礼拝堂のフレスコ壁画を制作。1968年(昭和42年)81歳没

藤田嗣治の買取査定ポイント

買取強化中のものや、状態によってどのように買取が変わるかなど買取査定に対するポイントがある場合はこちらを記述します。

藤田嗣治の主な代表作

  • ピンクのカナッペと少女
  • 裸婦
  • 自画像
  • 鏡と少女
  • 猫と女性

藤田嗣治の主な買取商品

ページの先頭へ

ページの先頭へ