2011 年 8 月 31 日

世界陸上

Filed under: 日記 — 古美術廣田 @ 10:44

円盤や 砲丸や 槍やをなげるとか

棒高跳びとか 幅跳びとか 三段跳びとか

じみですねぇ。こんな時しか 見ないですから。

亡くなった 舅は マラソンが好きでした。

姑は 「ずっと 同じやのに 2時間もよう見てるわ。」

と 文句言ってましたが、それもそうかなとも思いました。

あと 10キロ辺りから見てもいけそうな気がして・・・

でも 今は 私も ずっと見てしまいます。

まあ 私の気の長さは伸びきったゴムくらい長いですから。

ボルト選手が失格したり ドラマがあるのを

予選からボワ~~ッと 見てるわけで。

神様のいたずらが ちょこちょこ有るんですよね。

悲しみや 落ち込みや 挫折や 悔しさやの重さは

それまでの苦しい練習の毎日を思うと ねぇ~。

でも 乗り越えたら もっと強くなるのです。

違った方向向いてるベクトルに 気付くことが出来る。

私より 若い人ばかりが選ばれた者として

そこにいるのですからみんな偉いなあと

感心するばかりです。

2011 年 8 月 30 日

新総理誕生の朝

Filed under: 日記 — 古美術廣田 @ 09:17

昔 アイムソーリーひげソーリーって ありましたよね。

ソーリー大臣が代わりました。

いい大人になって 世の中の仕組みの

裏側や 隙間や 建前やがわかってから

政治や 国家が しらっと見えて。

かといって 評論家にも しらっとしたりして。

でもね、朝 過ごしやすい涼しい風の中

サラダとエッグトーストとアイスオレで 朝食しながら

結構な毎日じゃないか・・・と思って、

そんなに 悪い状態じゃぁないのですよ 日本。

報道は 悪いことを並べ立て 問題を顕微鏡で

見せて 日本が大変だ大変だと

国民にアピールしますが

昔から 浮浪者や 失業者はいて

小さな会社は すぐ 景気の波に飲まれていたんです。

昔から 下町の人間は 持ち上げないと動かない

玄関の戸を 開けて閉めて 暮らしてたんです。

貧富の差は 自由競争経済にはあるものなんです。

貧しく暮らしてきた人間は 貧しさに強いんです。

世界が 揺らいだ時 強いのは 貧しい人たちです。

だって 何にも変わってないと思えるもの。

今の人たちは バブルの頃の後遺症があるんでしょう。

50歳以上の人たちは 基本貧しい途上の日本に

育ちましたから40代よりは ずっと 強いです。

私は 強いですよ。ゴキブリ並です。

ホイホイには ホイホイとやられるかも知れませんが・・・

2011 年 8 月 25 日

エアロバイク

Filed under: 日記 — 古美術廣田 @ 18:17

今日は 社員全員がそろったので ミーティングです。

そこで 社長が 運動不足で体重を減らすため

マウンテンバイクを買って走るというので

従業員一同 絶対続かない!と大反対。

雨が降ったら ラッキーと思うようになるにきまってます。

で、テレビを見ながらできるエアロバイクを

買うことになり すぐ 発注しました。

それも いつまで 続くでしょう。

楽しみです・・・・・ふふふ

Older Posts »